邪馬台国女王卑弥呼に対峙した東海の古代王国 - 狗奴国民のひとりごと

ようこそ狗奴国へ
Home 管理画面

メニュー

ケータイサイト

QRコード

狗奴国民のひとりごと

狗奴国を理解する基礎テキスト 幻の王国・狗奴国を旅する 赤塚次郎著

 とうとう出版されましたね。
 「幻の王国・狗奴国を旅する」風媒社 赤塚次郎著
 いつか出るんじゃないかと思っておりましたが、赤塚次郎氏の狗奴国論です。
 さっそく内容を読んだのですが、「なぜ、東海=狗奴国」なのか、が非常に分かりやすく書かれております。これまでの考古学的論証を軽視した「気分だけの」邪馬台国論・狗奴国論とは一線を画すもので、地道な発掘調査の成果の積み重ねからの論考は、重厚かつ堅牢です。
 狗奴国政府としては唯一の不満は、タイトルの「幻の王国」ですね。政府の立場としては狗奴国は幻でも何でもなく、現代も生き続ける私たちの「クニ」なのですから。まあ、そこは赤塚氏も日本国政府の立場にご配慮されているようなので、不問といたしましょう。
 いずれにしろ、著者の赤塚次郎氏に感謝します。
Copyright ©2008-2009 NorenzPRO Ltd. All Rights Reserved.
Powered by AD-EDIT2 / NorenzPRO